たとえ主人公との会話でダメージを受けても、
たとえ自分の思い通りにならなくても、何で心が折れないのか。
それは一重に、主人公のことが好きだからです。

いつか主人公と一緒になれる日を夢見てがんばる乙女たち。
その努力はどのように、どういう形で報われていくのでしょうか…。






名前のとおり、真昼のように明るいみんなのムードメーカー。
容姿も整っていて気さくな、男子からの人気も高い彼女。

幼なじみであるまひるは、
ずっと前から主人公のことが大好きです。
だけど、自分にも手厳しい彼に対して

もうちょっと女の子として
優しく扱ってくれてもいいじゃない!!


と常々思いつつ、ちょっとでも優しくされると、照れからか

べ、別に嬉しいなんて思ってないからね!

なんて言ってしまい、直球に取られて後悔する……。
ツンデレな彼女は、そんな苦悩の連続です。


彼女も姉と同様、主人公のことが大好きな一人。

だけど判りやすい性格の姉を見て、
主人公に対して、一歩引いた態度を取っています。

そんな優しく、とても大人な性格の彼女。
全ては姉を思ってのことですが、心の奥底では

私もお姉ちゃんみたいに、
コゴローさんともっと仲良くしたいな…


という気持ちがあり、

その想いが膨らみ、ひとりで身体を慰めてしまう

ほど。
そんな彼女の秘密の想いが、姉より先に届くことはあるのでしょうか…。


良家の令嬢である彼女は、
上へ立つのに相応しい人間になろうと努力する人間です。
努力してるからこそ、自分の容姿や性格に自信があります。

だけど実は内面はとても脆く、

虚勢を張っているだけの、
普通のいたいけな女の子です。


しかし、主人公を生徒会長に誘っている自分も

相手のことを能力だけで見ている

人間の一人。
それに気づき、彼を理解し歩み寄ったときこそ、
本来の女の子らしさを取り戻すにきっかけになるのです。


背が胸もちっさいくて子供っぽい先生、間宮メイ。
生徒達と極力フランクに、気楽に付き合おうとしており、
「友達みたい」と、生徒からの人気も高いです。

しかし主人公がしつこく
「理想の教師像」を唱えてくるので

なんであたしにばっかり
こんなに構ってくるの?


と、正直少し鬱陶しく思っています。
彼を理解し

ああ、本気であたしと話してくれてるんだ

と気づき、諦めた夢を一緒に追いかけるようになるには…紆余曲折ありそう。





各ヒロインとも、
全て主人公からの認識も違えば、全て主人公への認識も違います。
ここからどうやって物語が進行し、
恋愛関係に発展していくのか。

それが「フラグへし折り男」の醍醐味です。