タイトルのネタ。美少女や美少年じゃなければ仮面つけてる意味ないですね!(受け手側から見て)

【火の守護者】
シモチティーヌ

二度と入れない場所の
敵を倒し忘れて
図鑑に登録できない!
【水の守護者】
マンボルギー

耳を狩るという
発想は
どこからきたの?
【風の守護者】
ミキポンド本田

最近は
経験値2倍くらいが
丁度良い。
【土の守護者】
イケダンダルギア

ランダムエンカウントの
パーセンテージが
良作&愚作を決める。


さぁさぁ、最後の追い込みですな!
ここにきてドーンと到着数も増えて550通突破!!

武器も必殺技も華麗に、
そして威力が高いものが出揃ってきましたね。

ヒョッヒョッヒョ。
しかしサポート技も負けず劣らずきておるぞ。
一度どこかで、ビシッとまとめたいところじゃの。

とにかく、ここでの発表はこれまでどおり、
熱く、燃えるようにズンズンいっちゃうわよー!シビレちゃう!




(お名前は敬称略 −勇者 ○○ 著− の○○部分に入ります)
(説明は頂いた文章そのままです。熱い部分は色が変わっています)

ろくじゅういち  <ヒーロー・イン・マイ・ドリーム>
陸拾壱の武器  我が家の英雄
説明 大きさ30cmほどの、顔も指も関節も無いのっぺりした肌色の人形
人形というよりはぬいぐるみの方がイメージに近いかもしれない。しかし硬い。

「我が家の絵本<フェアリーテイル・イン・マイ・ドリーム>」
呼ばれる本が無ければ何の効力も及ぼさないマジックアイテム。
「我が家の絵本」は世界各国に散らばっており、
本にはその土地ゆかりの「おとぎ話」が書かれている。
その本に書かれているおとぎ話を人形に読み聞かせることで、
人形はその物語の主人公の形を模すように変形し、
同時にそのキャラクターの身体能力・特殊能力を得ることができる。
変形中はおとぎ話を読み聞かせた人の命令を聞く。
−勇者 みずチカ 著−

読ませる本によって効能が変わるとは、これは面白い!!
本を手に入れる探索の楽しさもありそうですな。

きっとダンジョンの奥の奥、フラグを立てに立てたところに
隠し絵本があって、チート形態が発現するんですよ!

アリスだったら?ピノキオだったら?と色々妄想が広がるわ。
一番最強のおとぎ話の主人公は何かしら?シビれちゃうー!

ヒョッヒョッヒョ。
ドラえもんがおとぎ話になってたら最強かものぉ。




ろくじゅうに
陸拾弐の必殺技  幻刃「ソリッドセイバー」
説明 剣を振ったその軌跡から弾幕を放つ斬撃属性の弾幕
・対空用の針状の結界を放つ形
対地用の衝撃を打ち出す形
・防壁を崩す事に特化した形

と、3タイプの技をランダムに連続で放つ


※「弾幕」というのは、
エネルギー弾のようなものと考えて頂ければ分かりやすいかと思います。
−勇者 白薙の使者 著−

剣閃が飛ぶっていうのは、
熟練の戦士の証みたいなところがありますな!

ただ、効果がランダムなので、
本当に必要なときに狙って出せるかは難しいですね。

ヒョッヒョッヒョ。
こういうときは手数で勝負じゃ!出るまで剣を振り続けるんじゃ!

剣自体は問わないみたいだから、
大剣などで振ったらすっごいデカイ剣閃が!シビレちゃうー!




ろくじゅうさん   
陸拾惨の武器  ザ・ドグラ・ソォド
説明 扱う者のチャクラ(生命エナジー)を柄の部分に埋め込まれた
ヘブンリー=オーブによって増幅させ、大陸をも両断する斬撃を放つ魔剣
確認できる最古の文献によると、かつて神々の戦いの中で頻繁に登場したが、
パンゲア大陸を分断するきっかけとなったラストインパクト以降4500年もの間、
現在の名称でいうところのカスピ海付近に封印されていた(あまりに危険すぎるため)

*実は剣自体が意思を持っており、
自らを使いこなせる者が現れるまで閉鎖的別次元
眠りについていたという説も有力である。
この剣がなぜ今、歴史の表舞台に登場することになったのか?

それは剣だけが知っているのかもしれない・・・
−勇者 マヤ 著−

時の流れは強さの証拠ですな!

「現在」に絡めているところが大好きよ!!!
必要となるまで眠り続けるなんてシビれちゃうー!!!

ヒョッヒョッヒョ。
しかし年月を経て、この剣は出現してしまったわけじゃの。
果たして現代では、どのような効果をもたらすのかのぉ…。

自分が最後に言おうと思っていた言葉は、
既に黙示録の最後に書かれておりました。




ろくじゅうし
陸拾斯の武器  息巻く前竜の羽衣
説明 羽衣状のオーラ*ヴェールを纏うと、
装備者の周りに暴風が巻き起こり、その風のあまりの凄まじさに
装備者への一切の武器攻撃を(とか一切合切)無効化するシステム。

その暴風の凄まじさとスケーのデカサに
『興奮し怒った竜の息』のようだと評された事から、技名が定着・浸透した。
−勇者 黒き甘美な黒い板 著−
また、この技の対になる技が『見下す後竜の針撃』であるが、
詳細は考えていなかったらしい昔の自分でした。orz

まさに黒歴史の書から生み出された必殺技!!
あの頃の「細けぇことはいいんだよ!」の精神は
今こそ逆に見習いたい!

オーラとヴェールの間にあるアスタリスクがなんかステキ!
名前に全てをかけるその精神にシビれちゃうわー!

ここで豆知識。たまにオンラインゲーなどで名前に「†」
付けている方がいらっしゃいますが、その記号は「短剣符」って
言うんですよ。「短剣」っていうのがカッコイイですよね!

ヒョッヒョッヒョ。
風を裂く剣に対しても効果があるのかが気になるところじゃ。




ろくじゅうご
陸拾伍の武器  クリスタル・スターダストソード
説明 異次元より突如現れ生命が誕生するよりも前から
使用者を求め長い間宇宙を彷徨っていた
世界の危機に際し、認めた使用者の元へ、空より舞い降りてくる
刃には異次元の層をまとっており、視覚することは出来ないが、
微かに光り輝くのを捉えることが出来る
剣の強度は全ての物質に勝り、かつ恐ろしく軽い。
この剣に両断できない物はない。
なぜなら刃が物質に接触した時、ただ"斬る"のではなく、
刃を覆う異次元の層が接触した部分を"取り込む"からである。
さらに使用者の気に呼応し、この剣はさらに強大な力を発揮することが出来る。
異次元の層が変質し、使用者以外の触れる物、近づく物を、
例えどのような物であっても異次元へと吸収していく
もはや倒せぬものはなく、文字通り神の剣へと変貌する
−勇者 ぷちふろすと 著−

剣という道具を産み出したのは
人間ではなく神だったのです!

この剣は主を捜し求めていたのですね。もしかしたら
「人間」が手に入れるべきでは無いのかもしれない…。

ヒョッヒョッヒョ。
斬るのではなく「取り込む」という発想がカッコイイのぉ。
これを持った者を倒せる者は現れるのかのぉ?

空から選ばれし者に剣が降ってくるのは基本よね!
その瞬間、勇者となる宿命を背負うことに…シビレちゃうー!




さて今回は、日常に溢れる武器をご紹介いたしましょう。


   
今週の「地味に精神にも来る武器」
武器  画鋲
説明 掲示物を設置するための道具
攻撃力は低いが存在が気がつかれず攻撃が必ず命中する
また、手元から離し靴の中やイスの上に置くと
精神的に絶大な効果を発揮する
−勇者 なんだもんだ 著−

また上履きの中に入ってた!
これで連続5日目だよ!

気づいたら上履きの底にも
いくつか刺さってる!!

むしろ上履きの底に刺しまくって
ガチャガチャ音を立て楽しむ!

なんで上履きばっかりなんすか……?


……次回に続く!!!!!



詳しい募集要項は下の画像をクリックしてください。



はむはむソフト|ハム通インデックスへ