タイトルのネタは……マニマニマニマニ。3の悲鳴をあげるポストも怖いなぁ。

【火の守護者】
シモチティーヌ

囚われの姫は
1回目はフェイクと
思うべし。
【水の守護者】
マンボルギー

飛空挺を
飛ばすのは
いつもおっさん。
【風の守護者】
ミキポンド本田

戦士・武闘家・僧侶
だけ育てれば
いいんじゃない?
【土の守護者】
イケダンダルギア

もょもと。


さて、ついに来週で募集〆切となりますな。
勇者の皆様の多数のご応募、感謝いたしますぞ。

2月よりスタートして3ヶ月ですか。早いですよね。
我々も相当なパワーを頂いた感じですよね。

ヒョッヒョッヒョ。
しかし黙示録のご紹介はまだまだ続くぞい。

キーボードが磨り減るまで黙示録をまとめ続けるのよ!
シビレちゃうーーーー!!!




(お名前は敬称略 −勇者 ○○ 著− の○○部分に入ります)
(説明は頂いた文章そのままです。熱い部分は色が変わっています)

ろくじゅうろく  
陸拾陸の武器  黙示録 双竜の書 
説明 【元素剣エリュシオン】
古びた剣を特殊な鍛冶方法で元ある形に復元した剣。その真の姿は魔法元素そのものを操る古代の魔法剣であり、刀身に刻まれたルーン文字を読むことで、例え魔力を持たない者であっても魔法を扱えるようになる。

【アルカナグラディウス】
とある剣士が、ふとした拍子に愛剣を泉に落としてしまった。すると泉の底から見目麗しい精霊が金の剣を持って現れ、こう言った「あなたの落とした剣はこれですか?」と。
剣士が「いいえ、私の落とした武器は何の変哲もないただの剣です」と答えると、泉の精霊は微笑んで泉の底へ戻って行き、気が付くと剣士の足元には女神の祝福を受けた愛剣があったという。"

【天使の歌声】
装丁は魔導書のようだが、中身は楽譜。これを歌うことにより、歌声にマナの力が付加され、聞いたもの全ての傷を癒す回復魔法感性を持たない魔物には効果が及ばない

【メドゥーサの瞳】
蛇神の瞳を核にして作られたマジックロッド。主を選ぶ意思を持ち、この杖を持った者が主だと認められなかった場合、石化してしまう。しかし一度主だと認めればその石化魔法は強力な武器となる。

【貫岩】
東方の国の名射手が使用した弓。かつての将軍がその腕を見定めるために、大岩の向こうにある的へ当てて見せよと言った際、岩を貫き一直線に的を貫いたことからこう名付けられた。

【大いなる意思】
誰も存在を認めることはできないが、それは確かにそこに存在した。
一人の神が生まれ、そして死にゆく長い時を経てなお、
それは孤独な存在だった。
幾度の春を越え、夏を越え、そして秋を、冬を越えただろうか。
金剛の人が風化し、深翠の地が枯れ果て、
漆黒の天蓋が白く染まってもなお、それは生き続けていた。
悠久の時を彷徨い、無限の時空を揺蕩い、
目醒めた。
そして、誰かが呟いた「光あれ」
−勇者 双竜 著−

一時期に非常にたくさんお送り頂いたのでまとめてご紹介です。
とても全部を載せられる量ではなく、熱さを感じましたぞ!

勇者たる基本を守って、勇者たる語句がきっちり記載されてます。
これぞ模範的妄想勇者!

全てを〆るかのように、素敵な詩が最後に来ていたの
一体目覚めたものは何なのかしら!シビれちゃうー!

ヒョッヒョッヒョ。
泉の話は実にどこかで聞いたことある話じゃなー。




ろくじゅしち
陸拾切の武器  廃刀「崩閃」
説明 世界の歴史が始まる頃に概念対象体として二つの剣が創られた
二千年ほど昔にその片方が破壊されたため残る
一方も存在自体を崩しはじめたが、
壊された方の残骸を元に崩壊を抑えることのできる鞘が造られ
以来その存在を保っている。
この剣で斬られた物は剣自体の崩壊に同化し、存在自体が破壊される。
−勇者 中二病棟24時 著−

かつての双子の兄弟が、自らを守る鞘になるとは、
なんともストーリー性溢れる武器ですな!

バランスがうまく釣り合っているというわけですね。
すこし崩れているみたいだけど、
そこから修復は出来たんですかね。

ヒョッヒョッヒョ。
すんでのところで助かったという感じだねぇ。
これ以上壊れないよう、鞘の方にも気を配らないとねぇ。

弱点があってこその燃える武器なのよ!
シビれちゃうー!!




ろくじゅうはち         レクイエム
陸拾鉢の必殺技  終焉−鎮魂華
説明 滅歌(ホロビウタ)の最終段階
レクイエムを受けた相手の体から真っ赤な血の花が咲く事に由来する

滅歌−全葬曲 (プレリュード)
 一瞬で相手の視界から消え足元に高速回し蹴り
 体勢を崩し転倒する相手に追撃を加える為の技。
 両足の脛骨が折れるため以降相手は立てない。

滅歌−光響曲 (シンフォニア)
 全葬曲の後、相手が接地するまでに背後に回り
 蹴りの連打を浴びせた後真上に蹴り上げる
 胸椎と腰椎を折る。更に鏡奏曲に派生する。

滅歌−鏡奏曲 (コンチェルト)
 光響曲の後、高く舞った相手に跳んで追いつき、
 鳩尾に肘を撃ちつけ、横回転の回し蹴りを加え
 再度天高く放り投げる

終焉−鎮魂華 (レクイエム)
 鏡奏曲の後、先に着地し真上の相手に対して
 ハンドガン"比類なき強さ(フォルテ)"を発砲
 寸分の狂いなく心臓を撃ち抜き演奏は終わる。

―――ピリオドだ。せめて安らかに眠るがいい――
−勇者 ゼロ@常滑の汚点 著−

全四楽章コンボ!カッコイイ!

ガンッ!ゴゴゴッ!ゲンッ!バキューン!!って感じね!
頭にコンボが浮かび上がるようだわ!シビれちゃうー!

ヒョッヒョッヒョ。
足止め効果が初回にくるから、このコンボは抜けられんのぉ。

最後の決め言葉もカッコイイですね。
……だれか格ゲーで作ってくれませんかね?




ろくじゅうく ハフウ 
陸拾玖の必殺技  気孔縁起承奥義之一 覇風
説明 縁起承とは己の血統を遡り、転生前の力を引き出す禁忌とされた業
四代遡れば、己の種を見失い存在自体がこの世から消え去るという。

一代遡れば 覇風(ハフウ)
二代遡れば 
辣林(ラツリン)
三代遡れば 
峰火(ホウヒ)

常人では、ここまでが限界とされており
唯一開祖のみが四代 輩山(ハイザン)
を使いこなしたという。

余談だが、最近「陰と雷」等という
裏縁起承があるという根も葉もない噂が流れている。
−勇者 矢瀬 著−

ついに己の血統の系譜までもが自らに力を貸してくれるとは!
「縁起承」という言葉も、なにやら自然ですな。

やりすぎると自滅しちゃうっていうのも良いわよねー。
ということは、開祖は消え去った…? シ、シビれちゃうー!

さらに対となる技の予感も書かれていますね。
陽と陰による、新たなる戦いが始まるのでしょうか

ヒョッヒョッヒョ。
何故かダビスタを思い出してしまったよ。




しちじゅう
切拾の必殺技  滅び定めたる神勅
説明 正式な呼称は「メイベル・プロヴィデンス」。
六属性のひとつ"人智(無属性)"の最高魔法にして禁呪。

人という存在が三世にわたって思考・思惟し続けてきた
「破壊」という概念をそのまま単純に具現して対象に放出するだけの魔法。
しかし、その簡単な作業だけで
次元そのものを跡形もなく消し去ることすら可能となる
危険極まりない魔法でもある。

この、想像を絶する威力を恐れた天地の神々が
封印を施し、すでに人の世の記憶から失われて久しい。

仮に何かの拍子にこの魔法の名称を人が思い出しても、
発動解除のための手続き(呪文詠唱)が必要なため
通常であれば発動すること自体が不可能である。

その威力ゆえに、術者が消費する魔力も膨大であり、
人1個の生命を丸ごと消費してしまうという説もある。

※呪文詠唱
我既に法なり、我既に秩序なり、我既に神なり、
神たる我は創らん、定めん、望まん、
汝等が完全なる滅殺を、従容(しょうよう)として
逝け、塵芥に等しき者どもよ
−勇者 みなみおたり 著−

詠みたい!呪文詠みたい!

しかし現在では使用者は居ないということで……
あれ?じゃあ、この黙示録を書いた人間は……

ヒョッヒョッヒョ。
しかし、次元とは割りと脆いもんなんじゃのう……。

無属性=人が創りだしたもの、という考えかたが
すっごい素敵よ!シビレちゃうわー!




さて、今回は、「我々もそうして良かった!」と思えたものを。


   
今週の「心の底から同意です」
武器(?)  単なるコメント
説明 正直募集が武器名と必殺技名だけで良かったです
キャラクターまで募集があったら
「堕悪魔(堕天使に対抗して)」を始めとして
危険な黒歴史を送る事になるところでした

中二なのに堕落の意味わかってないとかヤバ過ぎですよ
−勇者 籐 祐成 著−

主人公の名前を全部
「リバスト」にしてたあの頃…。

勇者より敵役になろうと
努力していた青春…。

仲間に好きな人の名前を入力し
悶えてたあの日…。

でも、バ●ムートラグーンだけは無しですね。


……次回に続く!!!!!



詳しい募集要項は下の画像をクリックしてください。



はむはむソフト|ハム通インデックスへ