!! hamham-soft first product.
妹スク|本気語り


<第五回> 【コダワリ!その@】お着替え差分で済まさない!


ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

前回の最後で、「旧スクと新スクを自由に着させられる」と書きました。
今回はその点についてお話させて頂こうと思います。

「妹スク」の基本的なゲームの種類はアドベンチャーゲームです。
最初は旧スクしか選べませんが、メインキャラの話をある程度進めると
旧スクと新スクが自由に選べるようになります。

となると、問題となってくるのがイベントCGです。
果たして、
同じポーズで旧スク、新スクと変えているだけで、
ユーザーは満足してくれるのか?

いや、それ以前に、作り手側として、それで満足できるのか?


とある日のこと。まだ「妹スク」企画を固めているときの話です。
自分の中でどうしてもやりたいことがあったのですが、
それをするとCGの枚数やらのバランスが結構大きくなってしまうな、という点から、
どうしたもんかと悩んでおりました。
一人でどうこうできる問題でもないので、原画の池田氏に相談。

   下「あのー、CG枚数、僕の考えのまま進めると、n枚位になってまうねんけど、多いかねぇ?」
   池「ひゃー、マジっすかー! う〜ん。……一個条件がクリアできれば、別にいっすよ」
   下「何? 新スクと旧スクで全部イベント絵描き分ける〜というのが僕の考えなんよね」
   池「まさにそれです。それならOKっすよ」

そう。

「新スクと旧スクを、お着替え差分で済まさない」

たとえ原画の枚数が増えようともこれでいこう!と、はむはむソフトはこの意見で一致したのです。
イベントの構成の関係上、2枚程だけお着替え差分が入りますが、それ以外は全て、
新と旧で完全に描き換わりますし、シナリオも全て書き換わります。


というわけで。


スク水Hを徹底的に愛する、はむはむソフトのコダワリです。



次回に続きます。


文/鳥取から帰ってきたばかりで全身砂まみれな下地和彦

バックナンバー



(c)はむはむソフト All Rights Reserved.