!! hamham-soft first product.
妹スク|本気語り


<第十一回> スク水を全部は脱がさないっ! じゃあ半脱ぎは?


ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
これまでの本気語りで、ちょくちょくと出てきた部分のお話であります。

スク水を全部脱がさない!それはここまで断言してきたとおりです。
しかしちょくちょくと、「半脱ぎ」は有る、と述べてまいりました。
それでは、「半脱ぎ」とは、どの程度まで脱がせていることを指すのか?

初回の話に近いですが、AVで最初にスク水着てて最後に脱がしてやってるのは論外として、
たまぁに、最後まで脱がさなくても、足にひっかけるところまで降ろしているものがあるのです。



もちろん自分はパンツも好きで、
服を脱がせてのHシーンだったら、片膝に脱がせたパンツがかかってないと許せない!と思うほどの人間ですが、
スク水をそこまで脱がせたら、スク水の意味ないですから!なんてスク水少女に失礼な話なんだ!

というわけで、「妹スク」で脱がすのは、ズバリ!ここまでです。

久しぶりのスク水写真です。
腰のくびれまで裏地のメッシュが入っていますね。


横から。後ろにはメッシュが入っていません。
つまり前面、特に胸をガードする位置にはいってるわけです。

これ以上下げ、お尻のラインが見えるくらいでもOKだと思いますが、
足から下に下げてしまうと、もうその時点で挿入したときにスク水の布ずれを味わうことも出来ませんし、
意識して下げたスク水の方を見ようとして少女の方を愛せなかったら意味がありません

スク水脱がせた部分と、まだ脱いでない部分の比率が1:1──。
これが、はむはむソフトが考える「スク水半脱ぎの黄金率」です。

(やや上から撮っているんで上が長く見えますが実際は同じ比率です)

スク水少女とのHを徹底し、スク水と少女の両方を愛でる作品として、これ以上は下げられません!
というわけで!


半脱ぎだからこそ出会える感動……メッシュ部分の白妹たちの肌色、そしてスク水の紺の3色のユニオン。
はむはむソフトはそのエロイ3連星の描写も、しっかりとお約束致します。



なお、新スクでも同様です。
新スクにも裏地があります。これは結構ご存知無かった方もいらっしゃるのでは?

はむはむソフトでは前回のDreamPartyの時のように、
ユーザーの皆様にスク水に触っていただける機会を設けると思います。
その機会の際は、是非裏地の感触も味わってみてください。

次回に続きます。

文/下地和彦

バックナンバー



(c)はむはむソフト All Rights Reserved.